バイアグラジェネリック

バイアグラジェネリック/人気のED治療薬を低価格で購入

バイアグラジェネリック

最近テレビなどのメディアでも盛んに取り上げられるようになったのが、「ジェネリック医薬品」です。

 

ジェネリック(Generic)とは、一般的であること、共通していることという意味の他に、ブランドにとらわれないと言う意味があります。

 

医薬品の世界では、ジェネリックは「後発薬」と言う呼ばれ方をされています。

 

 

全く新しく開発された唯一無二の「先発薬」に対して、ジェネリックはどこの製薬メーカーでも自由に作りことができる一般的な医薬品という事になるんですね。

 

ジェネリックのメリットは何と言っても価格の低さに尽きます。

 

新薬の開発には長い時間( 10〜15 年)と膨大な開発費(250〜800 億円)が掛かりますが、開発のノウハウをそのまま利用できるジェネリック医薬品は、大幅に経費を圧縮できるので、低価格が実現できるんです。

 

新薬の数分の一の価格などと言うのは珍しくありません。

 

欧米などの先進国では、ジェネリック薬が発売された一か月後には、販売シェアが80%を超えることも珍しくないと言われるくらいジェネリック薬は一般的に普及しているんです。

 

日本でも厚生労働省が音頭を取って、医療費削減策の目玉の一つとしてジェネリック医薬品のシェア拡大に本気で取り組み始めました。

 

バイアグラに関しては、成分であるシルデナフィルの特許期限が満了した事もあり、国産のバイアグラジェネリックが手に入るようになったことも、さらに普及を後押しするのではないでしょうか。

 

いずれにしても、今後は病院でも薬局でもジェネリック医薬品が主流になる時代が来るのは間違いなさそうです。

バイアグラジェネリック・通販

バイアグラジェネリックなどのED治療薬を購入する方法は、インターネットを通した通信販売(インターネット通販)が大部分を占めています。

 

購入する側にとっても、薬局のように自分以外の人と顔を合わせる必要が無いことは、大きなメリットとなります。

 

H27年版の総務省情報通信白書によりますと、スマートフォンの保有が急激に伸びており、情報通信機器の中でのシェアは64.2%にまで達しています。

 

 

また、平成26年末のインターネットの利用状況では、利用者数は10,018万人、人口普及率は82.8%となっており、日本人の10人に8人がインターネットを利用していると言う事になるんですね。

 

一方、インターネットの普及に伴いトラブルも急増しています。

 

2015年度に国民生活センターに寄せられた相談件数は250,149件あり、その内商品の取引に関する相談は56,670件になっています。

 

インターネット通販が普及するにつれて、これらの数字は毎年増加の一途とたどっています。

 

トラブルの中で多いのは、偽造品(ニセモノ)を買わされてしっまった事があります。

 

本人が偽造品(ニセモノ)と承知の上で購入した場合であれば問題は無いんですが、本物と信じて購入した場合は厄介です。

 

なぜなら、素人が商品の真贋判定をすることは非常に困難だからなんです。

 

調査によると、87.7%の人が自分の購入した物は本物だと信じているという調査結果があります。

 

バイアグラジェネリックを扱うサイトが、インターネット上には多数存在します。

 

それらの中から、本物だけを扱うサイトを見極めることが、とても重要な事なんです。

バイアグラジェネリック・飲み方

バイアグラは食事の影響を受けやすいと言われています。

 

「食事の影響」とはどういう事でしょうか?

 

食事をして腸の中に食物が残っている状態で、バイアグラを服用すると薬の効果が現れにくいという事なんです。

 

腸の中にバイアグラ以外の食物が残っていると、バイアグラの成分以外の栄養素などがいっしょに腸の粘膜から吸収されてしまうため、バイアグラの成分が血液中に吸収される効率が悪くなってしまうんです。

 

なので、もっとも効率よくバイアグラの成分を吸収させるためには、腸の中にバイアグラ以外の物が入っていない状態にすることが重要なんです。

 

 

いわゆる「空腹」の状態でバイアグラを服用する事が、「正しい飲み方」と言えるんです。

 

例えば、空腹の状態でお酒を飲むと、速く酔いが回りますよね。

 

それと同じ理屈なんです。

 

同じED治療薬でも、「シアリス」は食事の影響を受けにくいと言われています。

 

「シアリス」は長時間にわたって成分が吸収されるため、腸の中に食物が入っていたとしても影響が少ないと考えられるんです。

 

ベッドインするのに、お腹がすいていては元気が出ませんよね。

 

食事のタイミングは、空腹の状態でバイアグラを服用して血液中に成分が完全に吸収されると言われている30分を経過してから食事をするということなんです。

 

また、バイアグラはセックスの1時間前に服用する事になっているので、食事の時間をゆっくりとる事はできないかもしれませんね。

 

この、食事とバイアグラの服用の方法を良く理解しないで「バイアグラが効かない」と不満を抱く人が結構いるんです。

バイアグラジェネリック・PDE5 阻害薬

バイアグラなどのED治療薬は「PDE5 阻害薬」という呼び方をされています。

 

PDE5とは、ホスホジエステラーゼ(PhosphoDiestErase)5の略で、細胞内のセカンドメッセンジャーであり、ペニス内への血流を促し勃起を促進する働きのサイクリックGMP (cGMP)を分解してしまう物質なんです。

 

サイクリックGMP (cGMP)は、一酸化窒素を介して陰茎海綿体の平滑筋を弛緩させる働きがあります。

 

平滑筋が弛緩する事によって、血流が良くなりペニス内部の海綿体に多量の血液が流れ込んで勃起を導きます。

 

この勃起を邪魔するPDE5の働きを阻害するのが、バイアグラなどの「PDE5 阻害薬」なんです。

 

現在PDE5阻害薬として臨床の使用が許可されている物としては、シルデナフィル(バイアグラ)バルデナフィル(レビトラ)タダラフィル(シアリス)があります。

 

バイアグラが発売されて18年が経過し、それ以前にはED治療について効果的な治療薬が存在しなかった事を考えると、隔世の感があります。

 

また、経過した時間の中で副作用などの改善がなされ、現在では高いレベルで安全、安心な治療薬となっています。
PDE5の他に、PDE3も存在します。

 

PDE3が分解するのはサイクリックAMP (cAMP)で、心臓や血管に多く分布しています。

 

PDE3阻害薬の働きによって心臓のcAMPが増えるので、心筋収縮力が増えます。

 

そのため、強心薬として使用されています。

 

血管に作用した場合、血管拡張作用を有しているため、循環器領域に広く用いられています。

バイアグラ国産ジェネリック

ED治療薬の中で「バイアグラジェネリック」はとりわけ人気があるお薬です。

 

ところが日本では、2014年以前は作りたくてもバイアグラのジェネリック薬は作ることができませんでした。

 

その訳は、「特許期限」が満了していなかったからなんですね。

 

お薬の特許には「物質特許」と「製法特許」があります。

 

「物質特許」とは、新規に生成された飲食物、医薬、化学物質に対して取得される特許を言います。

 

「製法特許」とは、製品を製造する過程での特定の方法について、取得する特許を言います。

 

この二つの特許が満了して初めて、ジェネリック薬品の製造が可能になるんです。

 

バイアグラ(シルディナフィル)の「物質特許」が2013年5月17日に、「製法特許」が2014年5月13日に満了した事によって、日本の製薬メーカーでも「バイアグラジェネリック」の製造が可能になリました。

 

 

国産バイアグラジェネリックを最初に発売したのは、テレビで黒柳徹子さんを起用してジェネリックを宣伝している「東和薬品株式会社」です。

 

お薬の名前は「シルデナフィル OD 錠 50mgVI・トーワ」と言います。

 

名前ととおり50mgの錠剤ですが、OD 錠 という水が無くても飲むことができるお薬の形状をしています。

 

風味も「レモン味」と「コーヒー味」の2種類と言う丁寧さです。

 

気になるお値段は、1錠1200円と少々高めの設定になっています。

 

その後も、「キッセイ薬品工業株式会社」から「シルデナフィル錠 50mgVI・キッセイ」と言う商品名で1錠1000円で発売されています。

 

その他にも数社からバイアグラジェネリックが発売されています。

ホーム RSS購読 サイトマップ